圧迫療法

> 治療ガイド > 圧迫療法

圧迫療法(弾性ストッキング着用)

圧迫療法は下肢静脈瘤のタイプにかかわらず最も基本的な治療になります。
圧迫療法とは、弾力性・伸縮性に優れた医療用弾性ストッキングを着用することで、静脈うっ滞を改善し、むくみや重足感を緩和させる治療法です。仕組みとしては、弾性ストッキングを履くことで、足の表面の静脈瘤が凹む程度の圧力が加わることになります。そうすると、表面の静脈瘤の中に溜った余分な血液は、深部静脈へ導かれ、うっ血が解消されるということになります。それにより下肢の静脈の血流は促進され、うっ血が改善します。そうするとむくみは解消し、静脈瘤は小さくなり、下肢は軽くなります。これを着用することで下肢静脈瘤発生の予防になり、また下肢静脈瘤の進行を遅らせることもできます(残念ながら進行を止めることはできません)。
しかし、効果があるのは弾性ストッキングを履いている時だけで、脱ぐとまた元に戻ってしまいます。また弾性ストッキングを履くことで静脈瘤が小さくなることもありません。根治するための治療ではなく、あくまでも悪化を遅らせたり症状を軽くするための保存的治療になります。
またレーザー手術やラジオ波手術、硬化療法などの治療後にも着用します。

医療用ストッキングの種類

医療用弾性ストッキングには、様々なタイプがあります。
的確なサイズや圧力のものを選ぶことで、高い効果が実感できますので、弾性ストッキングを選ぶ際は、血管外科のドクターや弾性ストッキングコンダクターからアドバイスを受けられることをお勧めします。

  • ハイソックスタイプ/弱圧・中圧・強圧
  • ストッキングタイプ/弱圧・中圧・強圧
  • パンストタイプ/弱圧・中圧・強圧

※弾性ストッキングの色は、ベージュ系やブラックなどが選べます。

東京ヴェインクリニックの看護師は、
弾性ストッキングコンダクターの資格を持っています。
お気軽にご相談ください。