治療の流れ

> 治療ガイド > 治療の流れ

診断の流れ

ご予約

当院は「完全予約制」となっております。
まずはお電話か仮予約フォームにて初診のご予約をお願いいたします。
初診の方は初めての方へをご覧ください。

仮予約フォームへ

受付

ご予約時間の10分前くらいに、当院の受付までお越しください。
問診表をお渡しいたしますので、各疾患について「気になっている症状」や「最近の体調」のほか、必要事項等のご記入をお願いいたします。
保険証を忘れずにご持参ください。お薬手帳(内服薬のわかるもの)や紹介状などをお持ちの場合は、そちらも併せてお持ちください。

持ち物について

診察(カウンセリング)

初回のカウンセリングでは、患者様のお悩みや気になっている症状などをじっくりお伺いし、問診・視診・触診を行いながら時間をかけて丁寧に診察します。
実績・経験ともに豊富な専門の血管外科医、外科専門医が担当いたしますので、どのようなことでも安心してご相談ください。

検査

カウンセリングにより、必要があると判断した場合には、超音波検査を行います。
各疾患について、どのような状態なのか精査します。当院では医師が直接超音波検査を行います。

特に服装の指定はありませんが、下肢静脈瘤では脚の付け根まで検査いたしますので、ズボンやストッキングなどを脱いでいただき、当院がお貸しするタオル等を腰に巻いていただきます。あらかじめご了承ください。

診断結果

診断の結果をわかりやすくご説明いたします。
当院は“常に患者様の立場になって考え、対応すること”を大切にしています。
患者様の疑問やご質問に丁寧にお応えするのはもちろん、メンタル面もサポートしていけるよう心がけております。治療方法や費用に関することなども、どうぞ遠慮なさらずにご相談ください。

患者様の状態に合わせて、必要のある方には「術前検査・手術のご予約」や「弾性ストッキングのご試着」をご案内いたします。

日帰りレーザー治療の流れ

外来~手術前日まで

初診時に、レーザー治療の適応となった方は、後日、手術前検査を行います。
その際、医師・看護師による手術についての詳しい説明を受けていただきます。

検査

超音波検査・脈波(下肢の血流検査)・心電図・採血 など

手術当日

ご予約いただいているお時間に当院までお越しいただきます。
また、手術当日は手術時間2時間前から食事と水分摂取の制限をお願いしております。
緊急の場合は、夜間や休診日でも、医師との連絡が取れるようになっております。ご安心ください。

手術前

超音波検査にて確認しながら手術部位をマーキングし、手術の準備(約20分程度)を行います。

手術後

手術部位をタオル等で圧迫し、その上から弾性ストッキングを着用します。手術直後から歩行が可能です。回復室にて約1時間身体を休めていただき、医師より術後の診察を受けていただいた後、ご帰宅となります。
手術後は、ランニングなどの運動は控えていただきますが、日常生活においては、基本的に制限はありません。ただし、当日の飲酒、シャワー、入浴は、禁止となります。
また、手術後2週間程度は、飛行機での移動を控えていただくこととなります。自動車や新幹線などは、手術直後もご利用いただいて問題ありません。

術後1日目

術後24時間以上経過しましたら、ご自宅でタオルを外し弾性ストッキングは、入浴時以外は睡眠時も着用していただきます(手術後1週間まで)。飲酒、シャワー浴が可能になります。

術後2~6日目

術後3日目からシャワー浴だけでなく、入浴も可能となります。

術後7日目(外来受診)

当院にお越しいただき、術後の経過を診させていただきます。 術後7日目の診察以降は、弾性ストッキングは日中のみ着用していただきます。運動の制限もなくなります。