日帰りレーザー手術の流れ│下肢静脈瘤治療は池袋の血管外科専門病院、東京ヴェインクリニックへ

日帰りレーザー治療


東京ヴェインクリニックの「レーザー治療」は短時間で終わり、術後すぐに歩行できるため、入院する必要はありません。

以下に、レーザー治療の流れ(手術前から術後7日目まで)を一例としてご紹介いたします。 ご不明な点や疑問・ご質問などございましたら、お気軽にお問い合わせください。

日帰りレーザー治療の流れ

外来~手術前日まで

初診時に、レーザー治療の適応となった方は、後日、手術前検査を行います。
その際、医師より手術についての詳しい説明、スタッフより手術日前後の詳しいスケジュールの説明を受けていただきます。

手術前に行う検査枠

超音波検査・脈波(下肢の血流検査)・心電図・採血 など

手術当日

ご予約いただいているお時間に当院までお越しいただきます。 また、手術当日は、手術2時間前より食事と水分摂取の制限をお願いしております。

-手術前-枠

超音波検査にて確認しながら手術部位をマーキングし、手術の準備(約20分程度)を行います。

-手術後-枠

手術部位をタオルなどで圧迫し、その上から弾性ストッキングを着用します。手術直後から歩行が可能です。 回復室にて約1時間身体を休めていただき、医師より術後の診察を受けていただいた後、ご帰宅となります。
手術後は、ランニングなどの運動は控えていただきますが、日常生活においては、基本的に制限はありません。ただし、当日の飲酒、シャワー、入浴は禁止となります。
また、手術後2週間程度、飛行機での移動を控えていただくこととなります。自動車や新幹線などは手術直後もご利用いただいて問題ありません。

術後1日目

術後24時間以上経過しましたら、ご自宅でタオルを外し、弾性ストッキングはシャワー・入浴時以外は睡眠時も着用していただきます(手術後1週間まで)。 飲酒・シャワー浴が可能になります。

術後2~6日目

術後3日目からシャワー浴だけでなく、入浴も可能となります。

術後7日目(外来受診)

当院にお越しいただき、術後の経過を診させていただきます。
術後7日目の診察以降は、弾性ストッキングは日中のみ着用していただきます。 この日の診察により運動の制限がなくなります。

緊急の場合は、夜間や休診日でも、医師との連絡が取れるようになっております。ご安心ください。



ここまで下肢静脈瘤や治療について説明させていただきました

それでは、次に池袋の血管外科病院
【東京ヴェインクリニック】についてご説明します




ページトップへ

下肢静脈瘤講演会のお知らせ
Doctor's file
診療時間

※木曜のみ9:00-12:00

完全予約制休診:木曜午後・日曜・祝日

仮予約する
スタッフ募集中!!

当ホームページサイトマップ