設備紹介

> 当院のご案内 > 設備紹介
1470nmELVeSレーザー機器

1470nm ELVeSレーザー

Bio LITEC社製

980nm ELVeSレーザーに続き、2014年5月より保険適用になった次世代レーザーとなります。980nmレーザーに比べ高い吸収効率が特徴です。ファイバーも均一に焼灼されるよう工夫されています。
<医療機器承認番号22600BZX00093000>

ラジオ波機器

エンドヴィーナスクロージャーシステム
(ラジオ波)

Bio LITEC社製

国内で初めて「下肢静脈瘤血管内治療用ラジオ波治療器」としての医療機器承認を受け、2014年6月より保険適用されたラジオ波機器となります。7cmのセグメントで均一に焼灼できることが特徴です。
<医療機器承認番号22600BZX00026000>

2000nm Lisa Laser機器

2,000nmDPSSレーザー

Lisa Laser Products社製

ドイツ製の最新レーザー機器となります。下肢静脈瘤血管内治療用のレーザーとしては最も波長が長く、組織へのダメージの少ない機器。自費レーザーとなります。

GentleYAGレーザー機器

GentleYAGレーザー

CANDELA社製

米国FDA、日本厚生労働省において、医療用レーザー機器として認可されているレーザーとなります。1,064nmの波長のヤグレーザーで、皮膚に近い毛細血管拡張症やクモの巣状静脈瘤の治療に使用します。

超音波検査機器

カラードップラー超音波検査装置

東芝社製

下肢静脈瘤の範囲や状態、程度を精査するための機器となります。カラードップラー機能も備えているため、デュープレックススキャンによる正確な静脈瘤の評価が可能となっています。

脈波、動脈硬化度検査機器

脈波・動脈硬化度検査装置

フクダ電子社製

下肢の動脈血流、脈波、動脈硬化度を測定するための機器になります。これにより血管状態、血流の状態を把握します。