お知らせ

> ブログ > 下肢静脈瘤症例報告28

下肢静脈瘤症例報告28

今日は関東は夜から雪が降るそうです。明日の朝は路面が凍ることもあります。
転倒には気をつけてください。
それでは今回は、28例目の症例報告です。
患者さまは74歳の女性です。数年前に右下肢静脈瘤に気がつき、最近になって、脚の重さや脚つれが酷くなり来院されました。
右下腿部内側に静脈瘤を認めました。
これが手術前の写真です。

手術は、右大伏在静脈血管内ラジオ波焼灼術を行いました。局所麻酔で行っております。手術時間は15分程度で行いました。術後経過も順調で、これが術後3ヶ月での写真になりますが、静脈瘤も小さくなり、ほぼわからない状態になっています。症状も解消し、楽になりましたとお言葉を頂きました。

私どものクリニックでは、レーザー治療器、ラジオ波治療器共にあります。それぞれに特性があり、静脈瘤の形状や、大きさに合わせて機器の選択を行っております。
これにより、様々なタイプの静脈瘤に対応できるようになっています。
じょうみゃくりゅうかな?と思ったら、先ずはご相談ください。