東京・池袋で下肢静脈瘤レーザー治療は豊島区池袋の血管外科、東京ヴェインクリニックへ

安心・安全で負担の少ない最先端治療を 池袋駅徒歩2分 東京ヴェインクリニックは、下肢静脈瘤に対する治療のための専門クリニックです。

  • 下肢静脈瘤はこちらから
  • シャント治療はこちらから
  • 点滴療法はこちらから
下肢静脈瘤無料講演会を開催
下肢静脈瘤 無料講演会のお知らせ

当日講演会後は、ご希望の方に院長による超音波検査や医療用弾性ストッキングの試着会なども行います。

講演会は予約制となります。先着順(約10名)となりますので、お早目にご応募くださいませ。
少し先になりますが皆さまのご応募を心よりお待ちしております。

  • 12月9日(土)
    13:00~当院にて
    (池袋駅東口すぐ)
  • お電話でのご予約 03-6908-2272
  • メールでのご予約はこちら

新着情報

院長からのメッセージ

この度は私どものホームページにお越しいただきありがとうございます。院長の近藤啓介(こんどう けいすけ)と申します。

私は血管外科医として二十数年にわたり診療を行って参りました。下肢静脈瘤では約3万人近くの患者さまの治療に関わり、また透析患者さまのバスキュラーアクセスの治療も数千件近く行なってきました。平成20年これらの治療を迅速に、安全に、そして日帰りで行えるようにと池袋の地に東京ヴェインクリニックを開院いたしました。幸い多くの患者さまにご来院いただき、これまで数千件の手術を大きなトラブルなく行うことができました。今までの経験を元に、これからも最新・最高で安全な治療を提供していきたいと考えております。

以下、下肢静脈瘤についての解説になります。また詳しくは専用のページに飛べるようにリンクしてありますので、そちらもぜひご覧ください。

TVCメソッドとは 保険でできる本当に傷のない、 最新下肢静脈瘤手術

下肢静脈瘤とは?

下肢静脈瘤とは足の静脈が拡張しボコボコと瘤化してしまう病気です。
見た目に現れ、むくみ、重足感、疲労感、こむら返り等の症状の原因にもなります。大きな病気につながることはありませんので、過度に心配する必要はありませんが、1度できてしまうと自然に治ることはなく、徐々に悪化していきます。そうなると適切な治療が必要になってきます。
日本人の2000万人前後が罹患していると言われています。

詳しくはこちらへ

下肢静脈瘤のタイプ

下肢静脈瘤のタイプは、その大きさによって主に「伏在型静脈瘤」「側枝型静脈瘤」「網目状静脈瘤」「クモの巣状静脈瘤」の4つに分類され、それぞれに特徴や適切な治療方法があります。

詳しくはこちらへ

下肢静脈瘤の症状

それでは、症状はどのようなものがあるでしょうか? 以下のような症状が下肢静脈瘤で一般的に見られる症状になります。

・足がむくむ
・夕方になると足がだるい
・足が重い、夜中に足がつる
・足がかゆい
・血管に沿って皮膚が黒ずむ
・足に赤い湿疹が出る
・足に潰瘍が出来る

皮膚症状が出始めると、重症化の兆しです。専門医の診察・治療が必要になってきます。

下肢静脈瘤の原因

それでは下肢静脈瘤ができる原因は何でしょうか?静脈は血液を心臓へ戻す働きをしています。脚の静脈というのは、下から上へ向かって血液が流れています。そのため静脈には立っている時に血液が足の方に戻ってしまう(逆流)のを防ぐため、静脈弁がついています。この弁が壊れると、血液が逆流してその静脈の下の方に血液がたまっていってしまいます。血液がたまった状態が長く続くと徐々に静脈の壁が拡張しコブ状になって太くなりボコボコと表に出てきます。これが「下肢静脈瘤」です。下肢静脈瘤は表在静脈におこり、奥の深いところにある静脈(深部静脈)にはおこりません。日常生活のなかで、足は常に下にありますので、下肢静脈瘤は年とともに徐々に進行していきます。そのため1度できると、自然に治ることはありません。
下肢静脈瘤は見た目の問題だけでなく、血液が足にたまったり静脈の中の圧力が高くなることによる炎症によって様々な症状を引き起こします。

詳しくはこちらへ

下肢静脈瘤の治療

伏在型静脈瘤(大きな静脈瘤)では、現在はカテーテル治療が標準治療になっています。
欧米では十数年前から行われ、日本でも平成23年から保険適応になった治療です。現在では従来の抜去術(ストリッピング手術)に代わり、このカテーテル治療が標準治療となってきています。
もちろん東京ヴェインクリニックでは、日帰りで受けられます。
またすべて保険治療になります。
カテーテル治療はレーザー焼灼術、ラジオ波(高周波)焼灼術の2種類があります。

レーザー焼灼術とは

レーザーカテーテルを使った血管内治療になります。日本では平成23年から保険適応になった治療です。
東京ヴェインクリニックでは、ELVeS1470という最新レーザー機器を用いて手術を行っています。
手術は局所麻酔で20分程度で行え、日帰りで治療が受けられます。痛みも少なく、身体への負担の少ない治療法になります。

最新レーザーの特徴

・短時間での手術
・小さな傷での手術
・痛み、内出血がほとんど無い手術
・身体への負担の少ない手術

詳しくはこちらへ

手術動画はこちらになります。

レーザー手術について【動画】

ラジオ波(高周波)焼灼術とは

レーザー焼灼術と同様に、カテーテルを使った血管内治療になります。レーザーではなく、ラジオ波(高周波)を使って血管内を焼灼する手術になります。平成26年から保険収載されました。
こちらも手術は20分程度で局所麻酔、日帰りで行えます。

最新ラジオ波(高周波)焼灼術の特徴
・短時間での手術
・小さな傷での手術
・痛み、内出血がほとんど無い手術
・静脈壁をばらつき無く均一に焼灼できる手術身体への負担の少ない手術

詳しくはこちらへ

手術動画はこちらになります。

ラジオ波手術について【動画】

その他の治療法

それ以外にも静脈瘤の大きさにあわせて、抜去・切除術、硬化療法、圧迫療法などがあります。
東京ヴェインクリニックでは、静脈瘤の状態に合わせて最適な治療を選択し治療をしていきます。

詳しくはこちらへ

下肢静脈瘤治療の費用

東京ヴェインクリニックでは、下肢静脈瘤の治療はすべて保険治療で行えます。例えば、レーザー焼灼術、ラジオ波焼灼術などのカテーテル手術は3割負担の患者さまでは約48000円前後のご負担になります。

詳しくはこちらへ

初診では時間をかけて丁寧に診察します

実績・経験ともに豊富な下肢静脈瘤の専門医が担当いたします。初回のカウンセリングでは、お一人おひとり丁寧にしっかりと診察させていただくために、40分前後のお時間をいただいております。診察で行うのは、主に「問診」「視診」「触診」「超音波検査」などです。

メールでのご相談を随時受け付けております

当院では、メールでのご相談を無料にてお受けしております。「足がだるい」「血管が目立って困っている」など、症状に関するお悩みのほか、ご来院をご検討中の方の当院への疑問・ご質問などにもお応えいたします。

テレビ電話の相談予約はこちら
診療時間

完全予約制休診:木曜午後・日曜・祝日

医院ブログ

アクセスマップ


電車【埼玉方面(埼京線他)、神奈川方面(副都心線他)など】で当院へお越しの際は、池袋駅東口をご利用ください。
道に迷われたり、道順がわからない場合は、遠慮なく当院(03-6908-2272)までご連絡ください。

池袋駅からの動画はこちら

よくある質問

Q
下肢静脈瘤とは何ですか?
a
静脈に血がたまり、コブ状に膨れた静脈のことを静脈瘤といいます。
足にできた静脈瘤を下肢静脈瘤といいます。
人間は二足歩行を行うようになったため、身体で一番下にある足に静脈血がたまり、静脈が水風船のように膨れ、下肢静脈瘤になってしまうのです。ちなみに、人間以外の動物で下肢静脈瘤が見られることはほとんどない、といわれています。

Q
下肢静脈瘤の診察は何科に行けば良いですか?
a
血管外科が専門になります。
東京ヴェインクリニック(池袋本院)は、下肢静脈瘤などの血管疾患の診察・検査・治療を行う専門クリニックです。

Q
下肢静脈瘤の原因について教えてください。
a
わかりやすくいうと、足の静脈の血液が逆流することが原因です。
静脈は血液を心臓へ戻す役割があります。しかし二足歩行の人間の場合は、足にたまった静脈血を、約1mも上にある心臓まで重力に逆らって押し上げなければなりません。そのために足の筋肉がポンプの役割(筋肉ポンプ)を果たし、血液を上方へ押し上げます。しかしこれだけでは、筋肉が緩んだときに血液は重力に従って下へ落ちていきます。それを防止するために、静脈にはハの字をした逆流防止弁がついています。
しかしこの弁は大変薄い膜でできているため、妊娠・出産、立ち仕事などにより、長期間にわたり負担がかかることで壊れてしまい、慢性的に逆流(血液が静脈内を下方へ向かって流れ、たまること)が起きてしまいます。そうして静脈が拡張してしまうのが、下肢静脈瘤のできる原因です。

Q
下肢静脈瘤は自然に軽快することはありますか?
a
残念ながら、ありません。
妊娠中に少し膨れた静脈であるとか、ホルモンの関係で拡張した小さな静脈であれば、軽快することもありますが、コブ状になってしまったものは自然に元に戻ることはありません。
気になる場合は治療の必要があります。治療方法は、下肢静脈瘤のタイプによって、小さい静脈瘤は硬化療法、大きい静脈瘤ではレーザー手術やラジオ波手術などがあります。

Q
下肢静脈瘤が原因で命に関わるような重病になることはありますか?
a
下肢静脈瘤そのもので命に関わることはありません。
また下肢静脈瘤が原因で脚が壊疽に陥ることもありません。そのため過度に心配する必要はありません。
ただ、静脈血栓症などが原因で静脈瘤になってしまっている場合もあるため、一度は血管外科専門病院やクリニックで診察を受けておく必要があります。

Q
下肢静脈瘤は内服薬で治療はできないのでしょうか?
a
残念ながら、有効な治療薬はありません。
血液の逆流が原因で静脈が膨れてしまっていますので、今後も内服薬での治療は難しいと考えています。下肢静脈瘤を消すには、硬化療法やレーザー治療、ラジオ波治療などの手術が必要になります。

Q
下肢静脈瘤の手術について教えてください。
a
下肢静脈瘤の状態により、様々な治療法があります。
大きい静脈瘤は、レーザー治療やラジオ波治療などのカテーテル手術で治療していきます。細かい静脈瘤は、硬化療法などで治療していきます。
東京ヴェインクリニック(池袋本院)では、すべて日帰りの保険治療で行っています。

Q
レーザー手術とラジオ波手術、どちらを選択すればいいのでしょうか?
a
東京ヴェインクリニックでは、ラジオ波(高周波)、レーザー、それぞれの特性から、比較的中程度の大きさまでの下肢静脈瘤ではラジオ波(高周波)手術を選択し、静脈径のより大きなものに対してはレーザー手術を選択するようにしています。患者様の下肢静脈瘤の状態を検査し、その結果をご本人様にしっかりと説明した上で適切な治療方法をご提案しております。

Q
下肢静脈瘤の新しい治療方法、東京ヴェインクリニック法:TVCメソッドとは何ですか?
a
通常行う保険適用のレーザー手術やラジオ波手術に加えて、200nmレーザーを使って、ボコボコと膨れた枝の静脈も焼灼していく手術です。
あまり傷をつけたくない、早くボコボコした血管を目立たなくしたい、といった方にお勧めです。
現在このTVCメソッドは、東京ヴェインクリニック(池袋本院)のみで行っております。

Q
東京ヴェインクリニックは池袋以外にもありますか?
a
ありません。池袋のみになります。

その他のQ&Aはこちら>>

メール相談受付中

下肢静脈瘤の治療・手術・症状、保険適用になったレーザー手術についてなどお気軽にご相談ください。

仮予約受付中

初診の方の仮予約はこちらから。
仮予約完了後、当院から改めてご連絡を差し上げます。

メールはこちら
仮予約はこちら
子ども虐待防止「オレンジリボン運動」

◎東京ヴェインクリニックは、オレンジリボン運動を支援しています

ページトップへ

Doctor's file
診療時間

完全予約制休診:木曜午後・日曜・祝日

仮予約する
スタッフ募集中!!
医療連携
学会
その他