下肢静脈瘤の種類│下肢静脈瘤レーザー治療は池袋の血管外科専門病院、東京ヴェインクリニックへ

下肢静脈瘤のタイプ



下肢静脈瘤のタイプ

下肢静脈瘤には大きくわけて4つの種類があります。 ボコボコと瘤になる伏在型静脈瘤・側枝型静脈瘤から、青や赤紫に浮き出る網目状静脈瘤・くもの巣状静脈瘤まで様々です。下肢静脈瘤の種類について、画像とともに解説いたします。

伏在型静脈瘤


伏在型静脈瘤

足の最も太い表在静脈である大伏在静脈、小伏在静脈に形成される静脈瘤で、多くの方(約70~80%)がこのタイプになります。

大伏在静脈瘤枠

ボコボコした静脈瘤の場所:足首の内側・大腿部の内側など

「大伏在静脈」は、体表の中で最も長い静脈です。くるぶしから始まり、脚の付け根(鼡径部)で大腿静脈と合流します。主に、その合流の際に弁が壊れて逆流が起きることが多く、それが徐々に下腿部に広がっていくことで、ふくらはぎなどに静脈のコブ(静脈瘤)がボコボコと浮き出てしまいます。

小伏在静脈瘤枠

ボコボコした静脈瘤の場所:足首の後ろ・膝窩部・膝の後ろなど

「小伏在静脈」は、ふくらはぎの後面を走行しひざの裏で膝窩静脈に合流する静脈です。大伏在静脈と同様に弁不全により逆流が起き、ボコボコとした静脈瘤ができます。


ふくらはぎにコブがあるので、そのボコボコした血管自体が原因だと思われる方が多いのですが、ふくらはぎのボコボコの原因は、実は脚の付け根やひざの裏に原因があるのです。

また、大伏在静脈、小伏在静脈の両方に原因がある場合もあります。原因がどの血管で、どこに逆流があるかは、超音波検査でしっかりと確認します。

側枝型静脈瘤


側枝型静脈瘤(そくしがたじょうみゃくりゅう)

静脈瘤の場所:ふくらはぎが多い

伏在静脈から枝分かれした静脈で、さらに分岐した先にある枝の一部が膨らみ、静脈瘤になったものです。分枝(ぶんし)静脈瘤とも言います。 主にふくらはぎの部位にできることが多いのですが、伏在型に比べるとやや細めで範囲が狭く、症状も軽い場合が多いです。

網目状静脈瘤


網目状静脈瘤

皮下の浅いところにある細い静脈(皮下静脈:直径約2㎜)が拡張してできた静脈瘤です。青色に浮き上がってみえるのが特徴です。網の目にみえることが多いため、網目状静脈瘤といわれています。血管の隆起(ボコボコ)はありません。

クモの巣状静脈瘤


クモの巣状静脈瘤

皮膚に近くとても細い静脈(真皮内静脈:直径1㎜以下)が拡張してできた静脈瘤です。 血管がクモの巣のように放射状に広がって見えるのが特徴です。大腿部、下腿部、ひざ裏などによくみられます。「様子を見ましょう」と言われることが多いのは、このタイプの静脈瘤です。網目状静脈瘤と同様に、血管の隆起はありません。

混在型クモの巣状静脈瘤枠

クモの巣状静脈瘤には、毛細血管が拡張して「赤紫色」にみえるタイプと、細静脈が拡張して「青白く」みてるタイプがあります。 この2つのタイプが同時に表れたものを「混在型」といいます。

網目状静脈瘤やくもの巣状静脈瘤は、症状を伴わないことが多いのですが、主に女性にとっては、見た目がとても気になるものとなります。



以上が、下肢静脈瘤の4つの種類になります。下肢静脈瘤は、命に関わる病気ではありませんが、下肢静脈瘤が悪化すると、湿疹や黒ずみ、色素沈着などが出てきたり、潰瘍が出来てしまう場合があります。それらが出てきた時には、脚から悲鳴が上がっている状態です。気になる症状がある場合は、そうなる前にまずは診断を受け、ご自身の脚の状態を知っておくことが大切です。


次は
【下肢静脈瘤の原因】についてご説明します



ページトップへ

Doctor's file
診療時間

※木曜のみ9:00-12:00

完全予約制休診:木曜午後・日曜・祝日

仮予約する
スタッフ募集中!!

当ホームページサイトマップ