下肢静脈瘤症状・チェックリスト│下肢静脈瘤レーザー治療は池袋の血管外科専門病院、東京ヴェインクリニックへ

下肢静脈瘤の症状・チェックリスト



静脈血の逆流によってできる下肢静脈瘤は、

「足の静脈が太く浮き出ている」
「血管がコブ状に膨らんでボコボコしている」

など、その特徴的な外見から症状に気づく方が多いようです。

また、外見的な症状の他に、

「慢性的に足のだるさや疲れを感じる」
「強いむくみやこむら返りが起きやすい」

など血流の悪化による足の不快感があります。

下肢静脈瘤は、症状が悪化し重症化すると、皮膚が黒ずんできたリ潰瘍ができたりする場合もありますので、足の変化が気になった際には、お気軽に東京ヴェインクリニックまでご相談ください。

こんな症状があったら下肢静脈瘤かも?

「最近足が重く感じる」
「足の血管が浮き出て目立つようになった」
「夜寝ている時に足がつってしまう」
などの身体の変化にお心当たりはありませんか?

このような足に関するお悩みは、もしかしたら下肢静脈瘤のサインかもしれません。
以下の具体的な項目を、確認してみましょう。

見た目の違和感枠

  • 青い血管が網目のように浮き出ている
  • 血管がコブのようにボコボコと浮き出ている
  • 血管の色が赤色や紫色になって目立ってしまう
  • 足の不快感枠

  • 足がだるい・疲れやすい
  • 足が重い・痛い
  • 足がむくむ
  • 足がかゆい・ほてる
  • 足がつる・夜中にこむら返りがある
  • 生理中、足の痛みが強くなる
  • 皮膚の症状枠

  • 足に茶色や黒いシミができた
  • 足の皮膚がカサカサ、ボロボロになった
  • 足に湿疹ができてなかなか治らない
  • 足の皮膚が黒ずみ、硬くなってきた
  • 足に傷、潰瘍ができてなかなか治らない
  • 下肢静脈瘤の進行度・重症度

    下肢静脈瘤は、最終段階まできてしまうと治癒するのはなかなか難しく、治療に数年を要することも珍しくありません。 また、再発を繰り返す例も多くみられます。そのため、少なくとも第三段階までに下肢静脈瘤の治療を行う必要があります。

    第一段階:表面の血管が浮き出る、第二段階:足の不快感やむくみ、重足感、こむら返りなどの症状、第三段階:皮膚の湿疹や黒ずみ、色素沈着、皮膚硬化、第四段階:潰瘍形成

    次は
    【下肢静脈瘤のタイプ】についてご説明します



    ページトップへ

    下肢静脈瘤講演会のお知らせ
    Doctor's file
    診療時間

    ※木曜のみ9:00-12:00

    完全予約制休診:木曜午後・日曜・祝日

    仮予約する
    スタッフ募集中!!

    当ホームページサイトマップ