下肢静脈瘤の原因と予防│下肢静脈瘤のレーザー手術は池袋の血管外科専門病院、東京ヴェインクリニックへ

下肢静脈瘤の原因


下肢静脈瘤は、脚の血液が慢性的に逆流し、静脈内にたまってしまうことで発症します。

人間以外の動物にはほとんどみられないといわれている「下肢静脈瘤」。
その原因は、人間が二足歩行になったことにあります。本来心臓に向かって上へ上へと流れるはずの足の静脈血が逆流してしまい、血液がたまることで静脈がコブ状になってしまうのです。

下肢の静脈と血流のシステム

静脈の役割

静脈の主な役割は、心臓が拍動することにより動脈に送り出された血液を、また心臓に戻すことにあります。

下肢の血液を押し上げる筋肉のポンプ

人間の場合、寝ている状態のときを除いて、心臓と下肢には約1mの高さの差があります。
心臓から足の先に送りだされた血液が、再び心臓まで戻るためには、この約1mの高さを地球の重力に逆らって上がっていかなければなりません。 そのため、足(ふくらはぎ)の筋肉がポンプの役割を果たし、血液を心臓へと押し上げています。

逆流防止弁

押し上げた血液の逆流を防ぐために、静脈には「ハ」の字の形をした弁(逆流防止弁)がいくつも備わっています。この弁と足の筋肉のポンプ効果によって、血液ははしごを上るように心臓へ戻っていきます。

下肢の静脈と血流のシステム

下肢静脈瘤ができる仕組み

血液の逆流を防ぐためにある逆流防止弁ですが、大変薄い膜でできているため、妊娠や出産、立ち仕事などで、強い静脈圧がかかり続けることで壊れてしまいます。また、加齢によるポンプ機能の低下もその一因です。

逆流防止弁が機能しなくなると、慢性的に血液が逆流してしまいます。そのため、静脈壁が風船のように膨らんでしまい、コブのように静脈瘤が浮き出てしまうのです。

下肢静脈瘤の予防法

下肢静脈瘤は、残念ながら一度発症してしまうと、自然に治るということはありません。また、きちんと治療した場合でも、再発することがあります。
大切にしたいのは、「予防すること」です。

以下のことを日常生活の中に取り入れて、
下肢静脈瘤を予防しましょう枠

  • 日常的に弾性ストッキングを着用する
  • 足を高くして寝る
  • 日常生活に適度な運動を取り入れる(ウォーキングなど)
  • 太らない(肥満を解消する)
  • 長時間の立ち仕事は避ける(立ちっぱなしを避ける)
  • 足首を回す、つま先立ちなど、こまめに身体を動かす

次は
【下肢静脈瘤の治療方法】についてご説明します




ページトップへ

Doctor's file
診療時間

完全予約制休診:木曜午後・日曜・祝日

仮予約する
スタッフ募集中!!