医院ブログ。手術症例など綴っています。下肢静脈瘤のレーザー治療は池袋の血管外科専門病院、東京ヴェインクリニック

医院ブログ

下肢静脈瘤症例報告12

2017/6/13

今回は68歳の女性です。
十数年来の下肢静脈瘤の患者さまです。見た目の問題と、足の重さが辛くなり、また脚つれが頻回になってきたとのことで来院されました。
最も多い大伏在静脈の逆流に寄る下肢静脈瘤です。写真を見ると、膝上から枝が分岐し、ひざ横から静脈瘤が浮き出ています。枝の静脈瘤、クモの巣状静脈瘤も伴っています。内果の所では皮膚の色素沈着も見えます。

手術は左大伏在静脈、副伏在静脈のレーザー焼灼術を行いました。
今回は大伏在静脈だけでなく、その枝である副伏在静脈もレーザーで焼きました。
これを残しておくと、将来再発の原因になる可能性が有り、こちらも焼灼しました。
レーザー手術は原因になっている血管を焼くだけでなく、その周りの枝も処理することが必要になる場合があります。私どものクリニックでは、その場の静脈瘤がなくなれば良いというのではなく、将来の再発を防げるような治療を行うように心がけています。
術後の3ヶ月での写真です。静脈瘤はほぼ消失しています。また内果の色素沈着も薄くなってきています。細かいところは今後患者さまが気になるようであれば、硬化療法を追加する予定です。

 

一覧に戻る

ページトップへ

Doctor's file
診療時間

完全予約制休診:木曜午後・日曜・祝日

仮予約する
スタッフ募集中!!