医院ブログ。手術症例など綴っています。下肢静脈瘤のレーザー治療は池袋の血管外科専門病院、東京ヴェインクリニック

医院ブログ

下肢静脈瘤症例2

2017/4/20

<症例報告2>
71歳、女性
十数年前からの左下肢の静脈瘤で、見た目が気になることや、むくみ、足のだるさ、足攣れがつらくなってきたとのことで来院されました。小伏在静脈の逆流による静脈瘤でした。
原因としては、3回の妊娠出産、長い間の立ち仕事が考えられました。
見た目のボコボコはそれほどでもなく、レーザー焼灼術のみの治療としました。
これが手術前の写真です。下腿部後面から内側に血管の浮き出しがあります。

手術は左小伏在静脈血管内レーザー焼灼術を行いました。
レーザーのみで回復すると判断し、切除などの追加治療は行いませんでした。
局所麻酔下で10分で行いました。
術後経過は順調で、術後1週間目からだるさ、足攣れは消失しました。
こちらは6ヶ月後の写真になります。
血管の浮き出しもなくなっています。
足も軽くなり、また静脈瘤もなくなったので足が出せるようになったととても喜ばれていました。

 

一覧に戻る

ページトップへ

Doctor's file
診療時間

完全予約制休診:木曜午後・日曜・祝日

仮予約する
スタッフ募集中!!