内科・外科・一般皮膚科|下肢静脈瘤レーザー治療は東京ヴェインクリニック。保険適用の日帰りレーザー手術もご相談ください。

内科・外科・一般皮膚科

内科

一般皮膚科

風邪や胃腸炎などの一般的な病気の診療から、高血圧・高脂血症・糖尿病などの成人病、慢性疾患などの管理に至るまで行います。また、脳梗塞や心筋梗塞の原因となる動脈硬化の精査(動脈硬化検診)も行っています。

当院では、最新治療を行うだけでなく、地域に根ざした「町のお医者さん」として皆様をサポートすることも大きな柱の一つと考えております。
どのようなことでも、お気軽にご相談ください。

外科

一般外科診察・創傷処置などの外来外科処置を行います。

一般皮膚科

かゆみ・湿疹・じん麻疹などの一般皮膚科診療から、ニキビ(ざ瘡)の治療、イボ・魚の目の切除、液体窒素による凍結療法、陥入爪(巻き爪)の治療まで、幅広く行っております。

動脈硬化外来(血管ドック)

動脈硬化外来(血管ドック)

近年、脳梗塞や心筋梗塞、閉塞性動脈硬化症など、動脈硬化に起因する様々な疾患がクローズアップされてきています。

米国では、動脈硬化を原因とする疾病による死亡が死因のトップを占めています。日本においても動脈硬化症の増加が問題になっており、さらに日本人の高齢化も重なることで、将来的にはガンによる死亡を抜くのではないかとさえいわれています。
日本の厚生労働省がメタボ検診を始めたのは、動脈硬化に対する予防医学という理由もあるのです。

動脈硬化は、高血圧・糖尿病・高脂血症・タバコなどがその発生因子であり、増悪因子であるといわれています。
動脈硬化は、数十年の年月をかけて形成される慢性病です。
それを防ぐには、症状が出てからでは遅く、30代・40代で動脈硬化の評価や予防を開始しなければなりません。メタボ検診というのもその1つです。
ただ、動脈硬化の評価としてメタボ検診だけでは不十分であり、脈波検査などで動脈硬化度等を厳密に評価する必要があります。

東京ヴェインクリニックでは、脈波検査や超音波検査で動脈硬化の評価を行っています。
また、動脈硬化への予防として、現在アメリカで注目されている最新キレーション療法を行っています。

具体的な検査

血液検査(血算、生化学、凝固、血糖など)・脈波検査・心電図・頚動脈超音波検査・腹部超音波検査・下肢動脈超音波検査など

完全予約制

メール相談受付中

下肢静脈瘤の治療・手術・症状、保険適用になったレーザー手術についてなどお気軽にご相談ください。

メールはこちら

仮予約受付中

初診の方の仮予約はこちらから。
仮予約完了後、当院から改めてご連絡を差し上げます。

仮予約はこちら
当院の手術症例数 合計6,005例 2014年12月31日まで 2014年1,098例 2013年1,107例 2012年1,067例 保険適用の最新ELVeSレーザー1470について ラジオ波(高周波)アブレーションカテーテルによる下肢静脈瘤血管内焼灼術
足のむくみ・だるさでお悩みの方へ
初めての方へ
下肢静脈瘤について
下肢静脈瘤治療ガイド
  • 日帰りレーザー治療
  • よくある質問
  • 内科・外科・一般皮膚科
  • 点滴療法
  • メディア情報
アクセスマップ
印刷する
詳しくはこちら
  • 池袋駅からの動画はこちら
電車【埼玉方面(埼京線他)、神奈川方面(副都心線他)など】で当院へお越しの際は、池袋駅東口をご利用ください。
道に迷われたり、道順がわからない場合は、遠慮なく当院(03-6908-2272)までご連絡ください。
Doctor's File
院長ブログ
下肢静脈瘤治療特集ページ
レーザー手術動画
ラジオ波手術動画
スタッフ募集中!!
シャント関連はこちら