ラジオ波(高周波)アブレーションカテーテルによる下肢静脈瘤血管内焼灼術|下肢静脈瘤レーザー治療は東京ヴェインクリニック。保険適用の日帰りレーザー手術もご相談ください。

ラジオ波(高周波)アブレーションカテーテルによる下肢静脈瘤血管内焼灼術

  • ホーム
  • ラジオ波(高周波)アブレーションカテーテルによる下肢静脈瘤血管内焼灼術

新システムの導入

ラジオ波(高周波)による血管内焼灼術 平成26年6月から、新たにラジオ波(高周波)による下肢静脈瘤血管内焼灼術が保険収載されました(エンドヴィーナスクロージャーシステム(医療機器承認番号22600BZX00026000))。当クリニックでもこの新しいシステムをいち早く導入しました。
ラジオ波(高周波)アブレーションによる治療とは

まずはラジオ波(高周波)というものから説明します。
ラジオ波(高周波)とは医療分野で広く使われている電磁波の一種で10kHzから100GHzのものをラジオ波といいます。
医療分野では、300kHzから6MHzの高周波を使用して、100℃前後の熱を発生させ、肝臓癌、乳癌などの治療に以前から利用されています。またそのほか皮膚科・形成外科手術などにも広く応用されています。電気メスなどもこれと同じ原理になります。
エンドヴィーナスクロージャーシステムでは460kHzのラジオ波(高周波)を利用してカテーテルを使い治療を行います。
手術方法は、従来のレーザーを用いたカテーテル治療とほぼ同じで、レーザーの代わりにラジオ波(高周波)を用いて静脈壁を焼灼する方法です。
具体的には120℃の温度で静脈壁を焼灼することで、静脈壁のコラーゲン繊維が厚く熱変性します。それにより繊維性閉塞が起きるという仕組みです。

ラジオ波(高周波)アブレーションシステムの特徴
特徴1:周囲組織がダメージを受けない

ラジオ波を用いることで、静脈壁のコラーゲン繊維をターゲットとして均一に焼灼することができます。それにより周囲組織がダメージを受けることなく、静脈壁のみを焼灼することができるということです。

特徴2:静脈壁をよりばらつきなく均一に焼灼できる

焼灼温度を常に120℃に保つようにジェネレーター側で出力をコントロールするために、焼けすぎるということが避けられ、静脈壁をよりばらつきなく均一に焼灼できるようになります。

特徴3:早く焼灼することが可能

7cmごとのセグメントで焼灼することで、面として静脈壁が焼けるため、まだらになることなく均一にそして早く焼灼することができます。

このような特徴、工夫により、術後の内出血、疼痛や脚の腫れなどの合併症の少ない手術が行えるようになったのです。
実際、アメリカでは下肢静脈瘤のカテーテル手術の約半数はこの高周波(ラジオ波)手術になっており、日本で導入されているレーザー手術よりも多く行われています。

手術方法

手術方法は、従来のレーザー手術とほぼ同じです。
局所麻酔で、2mm程度の傷で行います。手術時間は約20分程度になります。
1時間ほどの休憩の後、帰宅となります。

レーザー手術との違い

レーザー手術はそのレーザーの特性から、ある程度指向性をもってレーザー光線が照射されるため、静脈壁の焼灼にはばらつきが出てしまいます。これは静脈壁の焼けすぎる部分と、焼け方が少ない部分がまだらに出てしまうということです。一方高周波(ラジオ波)はその特性とカテーテルの形状などから、むらなく静脈壁が焼灼されます。
それにより、術後の炎症や痛み、内出血などの術後合併症がより少ないものとなります。
そのため、患者様の得られるメリットはとても大きなものとなります。

ではどちらの手術を選択すればいいのか?

高周波(ラジオ波)、レーザーそれぞれの特性から、私どものクリニックでは比較的中程度の大きさまでの下肢静脈瘤では高周波(ラジオ波)手術を選択し、静脈径のより大きなものに対してはレーザー手術を選択するようにしています。
私どものクリニックでは、最新の医療を適切に選択することで、患者様の得られるメリットが最大化されるようにと考えております。

ぜひ当クリニックで、あなたの下肢静脈瘤の状態にあった最新の治療を受けて、本来の脚を取り戻しましょう。

このページのTOPへ
完全予約制

メール相談受付中

下肢静脈瘤の治療・手術・症状、保険適用になったレーザー手術についてなどお気軽にご相談ください。

メールはこちら

仮予約受付中

初診の方の仮予約はこちらから。
仮予約完了後、当院から改めてご連絡を差し上げます。

仮予約はこちら
当院の手術症例数 合計6,005例 2014年12月31日まで 2014年1,098例 2013年1,107例 2012年1,067例 保険適用の最新ELVeSレーザー1470について ラジオ波(高周波)アブレーションカテーテルによる下肢静脈瘤血管内焼灼術
足のむくみ・だるさでお悩みの方へ
初めての方へ
下肢静脈瘤について
下肢静脈瘤治療ガイド
  • 日帰りレーザー治療
  • よくある質問
  • 内科・外科・一般皮膚科
  • 点滴療法
  • メディア情報
アクセスマップ
印刷する
詳しくはこちら
  • 池袋駅からの動画はこちら
電車【埼玉方面(埼京線他)、神奈川方面(副都心線他)など】で当院へお越しの際は、池袋駅東口をご利用ください。
道に迷われたり、道順がわからない場合は、遠慮なく当院(03-6908-2272)までご連絡ください。
Doctor's File
院長アメブロ
下肢静脈瘤治療特集ページ
レーザー手術動画
ラジオ波手術動画
スタッフ募集中!!
シャント関連はこちら