保険適用の最新治療|下肢静脈瘤レーザー手術は豊島区池袋の東京ヴェインクリニック。保険適用の日帰りレーザー手術もご相談ください。

保険適用のELVeSレーザー1470について

レーザー手術

  1470nm波長レーザー+
  2リングカテーテル(radial 2ring fiber) 平成26年5月より新たに1470nm波長のレーザーでの下肢静脈瘤治療が保険適応となりました(ELVeSレーザー1470(医療機器承認番号22600BZX00093000)。当クリニックでも、このELVeSレーザー1470を導入しました。従来の980nmレーザーに比べ、痛みや内出血などの合併症がより少ない治療が行えるようになりました。
ELVeSレーザー1470の特徴

今回導入したELVeSレーザー1470+ラディアル2リングファイバーの特徴は2つあります。

特徴1:1470nmという波長

下肢静脈瘤のレーザー手術の場合、重要なのはレーザーのエネルギーがどれだけ効率よく静脈血管壁に吸収され、熱に変換され、静脈が焼灼されるかということになります。これは主に水分への吸収効率によって決まります。従来の980nmレーザーに比べ、1470nmレーザーでは約40倍の吸収率になります(ちなみに2000nmレーザーではさらに約250倍の吸収率になります)。
これによりさらに効率よく、静脈が焼灼されるのです。

特徴2:ラディアル2リングファイバーという新しい形状のファイバー
ラディアル2リングファイバー

従来のレーザー手術で用いられていた先端を真っすぐに切っただけのベアチップファイバーではレーザーは前方の一方向にのみに照射され、静脈壁の一部が集中的に焼けてしまうため、均一に焼灼することが難しく、静脈壁の穿孔を起こしやすく、術後の内出血や、疼痛の原因となっていました。
それに対し、ラディアル2リングファイバーでは、主に側方に全周性にレーザーが照射されるようにすることで、静脈壁がなるべく均一に焼灼されるようになっています。さらにそれを2カ所から照射(2リング化)することでよりまんべんなく焼灼されるように工夫されています。

従来のベアチップファイバーと新しいラディアル2リングファイバー

この2つの組み合わせによって、静脈壁は効率よく、さらにまんべんなく焼灼されるようになり、穿孔、内出血、術後疼痛が少なくなります。 手術方法は従来とかわらず、局所麻酔で行い、約20分で行えます。傷も2mm程度のものが1カ所のみになります。手術が終われば、すぐに歩けますので、1時間ほどの休憩の後、帰宅できる日帰り手術です。 私どものクリニックでは、安全で身体に負担の少ない低侵襲治療を患者様に提供することを一つの理念としています。 今回の新しいELVeSレーザー1470nm+ラディアル2リングファイバーはこの理念に合致した機器であると思います。ぜひ、当クリニックでこの最新機器による下肢静脈瘤の治療を行いましょう。

このページのTOPへ
完全予約制

メール相談受付中

下肢静脈瘤の治療・手術・症状、保険適用になったレーザー手術についてなどお気軽にご相談ください。

メールはこちら

仮予約受付中

初診の方の仮予約はこちらから。
仮予約完了後、当院から改めてご連絡を差し上げます。

仮予約はこちら

下肢静脈瘤の手術前と手術後の注意点