設備紹介|下肢静脈瘤レーザー治療は東京ヴェインクリニック。保険適用の日帰りレーザー手術もご相談ください。

お問い合わせ

設備紹介

1470nm ELVeSレーザー
※写真をクリックすると大きい画像が見られます。
1470nm ELVeSレーザー
Bio LITEC社製

980nm ELVeSレーザーに続き、2014年5月より保険適用になった次世代レーザーとなります。980nmレーザーに比べ高い吸収効率が特徴です。ファイバーも均一に焼灼されるよう工夫されています。
<医療機器承認番号22600BZX00093000>

エンドヴィーナスクロージャーシステム(ラジオ波)
※写真をクリックすると大きい画像が見られます。
エンドヴィーナスクロージャーシステム(ラジオ波)
Covidien社製

国内で初めて「下肢静脈瘤血管内治療用ラジオ波治療器」としての医療機器承認を受け、2014年6月より保険適用されたラジオ波機器となります。7cmのセグメントで均一に焼灼できることが特徴です。
<医療機器承認番号22600BZX00026000>

2,000nmDPSSレーザー
※写真をクリックすると大きい画像が見られます。
2,000nmDPSSレーザー
Lisa Laser Products社製

ドイツ製の最新レーザー機器となります。下肢静脈瘤血管内治療用のレーザーとしては最も波長が長く、組織へのダメージの少ない機器。自費レーザーとなります。

GentleYAGレーザー
※写真をクリックすると大きい画像が見られます。
GentleYAGレーザー
CANDELA社製

米国FDA、日本厚生労働省において、医療用レーザー機器として認可されているレーザーとなります。1,064nmの波長のヤグレーザーで、皮膚に近い毛細血管拡張症やクモの巣状静脈瘤の治療に使用します。

※写真をクリックすると大きい画像が見られます。
カラードップラー超音波検査装置
東芝社製

下肢静脈瘤の範囲や状態、程度を精査するための機器となります。カラードップラー機能も備えているため、デュープレックススキャンによる正確な静脈瘤の評価が可能となっています。

脈波・動脈硬化度検査装置
※写真をクリックすると大きい画像が見られます。
脈波・動脈硬化度検査装置
フクダ電子社製

下肢の動脈血流、脈波、動脈硬化度を測定するための機器になります。これにより血管状態、血流の状態を把握します。

このページのTOPへ
クリニックの様子
入り口
入り口

当院のエントランスです。

受付
受付

こちらで患者様をお迎えします。

待合室
待合室

こちらでお待ちいただきます。

診察室
診察室
処置室
処置室
点滴室
回復室
手術室
手術室
完全予約制

メール相談受付中

下肢静脈瘤の治療・手術・症状、保険適用になったレーザー手術についてなどお気軽にご相談ください。

メールはこちら

仮予約受付中

初診の方の仮予約はこちらから。
仮予約完了後、当院から改めてご連絡を差し上げます。

仮予約はこちら