医院ブログ|下肢静脈瘤レーザー治療は池袋の東京ヴェインクリニック。手術症例なども綴っています。

医院ブログ

医院ブログ

下肢静脈瘤症例報告13

2017/6/17

55歳、女性の患者さんです。数年前から静脈瘤に気がついていたけれども特に症状は無く放置しいました。ここ数ヶ月で、静脈瘤の所にかゆみがあり、皮膚炎、色素沈着になってきたため来院されました。
足の付け根からの大伏在静脈逆流による下肢静脈瘤です。写真を見ると、ふくらはぎの内側に静脈瘤を認めます。それに沿って皮膚炎、色素沈着を認めます。

手術は右大伏在静脈のレーザー焼灼術を行いました。追加治療は行いませんでした。
手術時間は15分で、局所麻酔で行いました。
これは術後1ヶ月での写真です。静脈瘤は小さくなってほとんどわかりません。皮膚炎もほぼ治まっています。色素沈着の強かったところも薄くはなってはいますが、まだ残っています。
ただ、後数ヶ月もすると無くなってきます。

このように、皮膚炎、色素沈着をおこすと、治癒までの時間が長くなります。
こうなる前に受診、治療がお勧めです。

 

一覧に戻る
このページのTOPへ
完全予約制

メール相談受付中

下肢静脈瘤の治療・手術・症状、保険適用になったレーザー手術についてなどお気軽にご相談ください。

メールはこちら

仮予約受付中

初診の方の仮予約はこちらから。
仮予約完了後、当院から改めてご連絡を差し上げます。

仮予約はこちら

下肢静脈瘤の手術前と手術後の注意点